放射線について正しく理解するためには、
物理学の知識をひとつひとつ積み重ねながら、
自分の頭で考えなければなりません。

どうしたら考えられるようになるのか?

これから10回にわたって、
考えていきましょう。

著者プロフィール

多田将 (ただ・しょう)

京都大学理学研究科博士課程修了、理学博士。
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 准教授。

著書に、『すごい実験』『すごい宇宙講義』『宇宙のはじまり』『ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器>』『ニュートリノ』(以上、イースト・プレス)、『放射線について考えよう。』『核兵器』(明幸堂)がある。